秋ですよ②

もう少しのんびりしてから、次載せようとしたら、さっそく次は?の催促。今晩から青森にも台風来そうだし……



のびーるのびーる❗
のびーるのびーる❗

2014年度

      奨励賞   村上莉子さん


莉子との出逢いは、入会1ヶ月前頃から数度、レッスン会場の玄関でした。ベレー帽に白いコート、手にはバイオリンケースかな(あとで聞くとバトミントンだった)。いつも一人で心細そうに誰かを待っていました。声をかけないでオーラが強く、一方的にかわいいなと感じていたのです。


入会希望でママと来たときに  (あーあの子だ❗)


莉子はできないことがあるとすぐ泣きべそをかき、身体もかたくて何にも言わないおとなしい子供でした。でもでもともかく努力家です。コツコツと練習を重ね、足の甲も伸びてきた頃、一番ぎーぎゃーうるさい子になりました⤵💦😅


ある日、他の子が注意もきかずいじけてレッスン放棄。私はご機嫌をとりません。その子以外の生徒と練習をしたあとの休憩中の事……。莉子はいじけ泣いているその子のそばに寄り、「一緒にやってみようか」「じょうずじょうず」「先生何見ているのよね」「機嫌悪かったんだよ」と、その子の側に立ち誉めてから、あーだ、こうしてみたらと注意を与えていました。


ビックリ💖


その子が一人で立ち上がって来たと思わせたかったので、何事もなかったかのようにレッスン再開をし、莉子を誉めることもしませんでしたが……


ちゃんと見てました。

加えて本当に努力する子でしたし、その頃にはあきらめない気持ちとレッスン参加の素晴らしさとで授賞となりました。


中学生になった今は、最近告ったとも聞いていましたが、恋の行方もこれからのM'sでの活動も目が離せない存在となっています。だってうるさいんだもん‼


2015年度

功労賞

高木美由紀さん


2015年度は2名該当。生徒は今年もまた誰かのママかと思っていたらしく、お名前を発表すると「あーあぁぁぁ」


美由紀さんは麻卯のママです。富田ふれあい町会からはじめての入会者だった麻卯。麻卯は賑やかな生徒とは年齢が違っていたことも、誉めなければやらないタイプであった事もあり手ごわい😁園児でした。それは4年生になった今でも変わっていませんが😁😁😁、もて余すくらいの感性があり、只今、感性の使い途を模索中ですWww


美由紀さんはそんな麻卯を客観的に良く理解しており、同時に他の生徒の事にも接し方が適切で、何よりも笑顔がステキなママです。保護者の取りまとめを一手に引き受けてくださっていました。乱暴な私の言葉を和やかにスムーズに換え伝え、自ずから進んで協力すべき事やM'sの姿勢方針を伝えながら保護者をひとつにまとめて下さいました。


また、パパはM'sの活動にもご理解をいただいており、何かにつけては子供たちの笑顔を見に来てくれます。むつ市に住んでいるおじいちゃまおばあちゃまはM's FAMILY会員。ありがたいご家族を代表して美由紀さんの授賞です。


パパは現在後援団体である "M's FAMILY" の代表として内外の活動にご尽力いただいております。

奨励賞

毛利心奏さん


心奏は負けん気の強い、心持ちのしっかりした子です。レッスンも遊ぶことも真剣に手を緩めません。仲間を思いやる気持ちも人一倍、負けたくないと努力することを惜しまず、それを隠すこともしない、何事にもまっしぐらーの生徒です。


入会の頃から、まぁおもしろい子供でした。


ふざけて、遊んで、笑いを取ろうとして、とおもしろい訳ではなく、かといって天然ガールでもないのですが、必死過ぎる頑張りが結果おもしろいのです。


私の注意や話を、すべて自分の事としてとらえ、吸収していきますし、そこにまたまっしぐら〰☀こうと決めたら次の目標ができるまでまっしぐら〰☀間違っててもまっしぐら〰(笑)。ただし、振り返ること戻ることにも惜しまないし、勝負に負けてもいじけることなく現状を感謝で受け止め、さらなる頑張る気持ちを持つことができる、ステキな女の子です。


そのレッスンを受ける姿勢が素晴らしいと思い、迷うことなく選出しています。


足首が病的に固く出来ないことも多いのですが、それを補う心と踊り方を修得して欲しいと切に願っています。


現在4年生、小さなお友達にも優しく手をかけてくれます。そこもまっしぐら〰ですよ。今度は手をかけてやってあげるのではなく、気にとめ見守る心と行動を身につけて歩んでも欲しいな。心奏はできると思うよ🎵


期待しています。

2016年度

奨励賞    田中優妃さん

おめでとう。


優妃は1年生になりました。一緒にレッスンをするベビークラス年齢の生徒がいなかった頃も、お休みせず(やりたくない日は一杯あったけどね)、頑張ってくれました。


入会が3才、今日はやらない日と決めて来たり、新しい事やできなさそうな事は泣いてやらない……、何かするとすぐママに助けを求めていく………。そんな子でしたから、内に秘めたる心意気とプライドは強く導き次第では投げ出すかもしれないと感じていました。


間違った負けず嫌いは、できない=負けた=笑われる⇒だから挑戦しない、ミスをしたと思われたくない=隣を見る=怒られた=かといって間違って恥をかきたくない⇒目だけで隣を見る、そのうち少し遅れて踊るようになってきますね。


優妃ちゃんは、遊びのベビークラスからの出発だったため、好きなように 無理強いせず、ちょっとずつできることを増やしていったので、悪循環に陥ることもなく成長継続できました。


ベビークラスを卒業する頃にはママを頼らなくてもレッスンできるようになりましたし、はじめての事でも挑戦できるようになり、芯の強さがよい方向に進んだ生徒です。その成長ぶりを讃えての授賞でした。


受賞後、「一度もつまらないと思ったことがない」と、言えるだけ自分の意思を伝えるようになっていますし、最近では怒られるとニコッと笑えるようになり、安心して注意ができます。今後の成長にも期待が高まります。

今年から設けられたナイスノート賞

M'sでは出席表や出席ノートがあります。誰が一番多くレッスン参加しているのか一目瞭然。毎月、回数をクリアすると「まんてん」「ハート」「キラキラ」「トランプカード」と、シールがもらえます。月の終わりになるとあと何回でトランプカードだとか1回足りないからおまけしてとか、私に聞こえるような聞こえないような会話が出てきます。


その他、イベント参加カードやお誕生日カード、ミニ写真集などあげており、ノートにぶら下げたり貼ったりと各自でカスタマイズしています。もらったシール以外は飾ってはいけませんが、その整理方法や飾りつけのステキな生徒に賞を贈っています。


また、レッスンやイベントに一番多く参加した生徒にも出席No.1と称した賞状も贈っています。


そのご紹介。

一部お名前とお顔と一致するため掲載できない人もいますが、ご了承願います。

ナイスノート賞

高木麻卯さん     村上莉子さん


大切に使ってくれてありがとー😆💕✨

出席No.1

2017年度の発表は2018年5月。でも選考は毎回毎回のレッスンであり、もう始まっています。これからでも間に合いますよ。


みーんながんばれー🎵